自分は自分、他人は他人

自分は自分、他人は他人

自分は自分、他人は他人

そもそも、自分で決断して自分で決める人生、他人に何を求めるのでしょうか。
あえていうなら、お願いしたい時に、求める事が多いです。
それは大概、頭を下げてお願いしている事が多いです。

 

そうしているうちにあんまり、他人が何を言おうが、気にもならなくなるものです。

 

ただ、それだけだと、他人の言いたい事に鈍感なだけの人間でしかないため、他人をしっかり見極めて、不必要な発言はしないようにとは考えています。
無断な言葉は言わないのも大事ですし、余計な発言、疑われる言動も自分の首を絞める結果になってしまいます。
この人とは、これくらいの感覚をあけて接しよう程度で良いと思っています。
そうすると、自然にそうなっていきます。
結果的になった中で、人間関係を作っていくのが、大事だと言えると思います。

 

人間って、どんな人に対しても公平な目で見なくてはならないと思っています。
理想論のようですが、それが出来れば、世の中は成功するのだと思っています。
だから、他人に対して、あんまり過度の期待をするのではなく、自分は自分という感じを持つべきなのですが、そんなに世の中は容易くはないとは思っていますね。
時の場合によっては、自分を曲げる事もあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ